中古スマホを購入する場合の注意点

着信専用の場合、それほど高機能のスマホは必要ありません。

 

親品である必要もないですね。

 

 

そこで「中古スマホ」という選択肢を選べば、

 

数年の型落ちながらキャリアから発売された多機能な機種が安価で購入できます。

 

 

格安シムを入れて使うスマートフォンとして有力な選択肢になりますね。

 

 

壊れたときに、修理よりも安く購入できることも

スマホのトラブルで多いのが、落下による画面割れや、水没などですね。

 

トラブルをサポートする保証サービスに入っていれば安く修理・交換を受けることができますが、

 

加入していない場合は結構な修理代がかかってしまいます。

 

中古スマホだと、修理に出すよりかなり安く入手できる可能性がありますよ。

 

 

保証がしっかり付いてる中古ショップを選ぶ

 

ネットワーク利用制限などの保証がしっかりしているお店を選ぶこと。

 

 

⇒【月1,000円程度!】着信専用で格安スマホを使いたい人向けの3つの激安プラン!